グローバルビジネスに欠かせない ISO27001やISO9001

情報を守ろう

システム

機密性の高い情報を扱う法人にとって、ネットワークセキュリティの構築は優先度が高いものです。システムやソフトを駆使して最適化することが求められるので、良し悪しを見て導入しましょう。

もっと見る

安全に活用

パソコン

脆弱性対策を行なうことにより、企業で使用しているネットワークやシステムを安全に使うことができます。また、システムやソフトの良し悪しを判断した上で導入すれば、安全性が高まります。

もっと見る

海外企業との取引に役立つ

PCを見る男女

信用度のチェック

インターネットが普及した今、情報の取り扱いは慎重に行なわないといけない曲面にあります。「情報が漏れるはずなどない」という根拠の無い自信が、情報漏えいや改ざんを生み出して社会的な混乱と信頼を失ってしまうことに繋がります。それに、最近はグローバル化の波で海外の企業と取引をしたり海外に支店を持ったりする機会もあり得ます。その際に交わす契約事項において、情報マネジメントが徹底されているかどうかがチェックされます。このような時に備えて取得しておきたいのが、国際規格に則った情報セキュリティマネジメントのISO27001。ISO27001を取得しているということで、情報の安全管理が徹底されていることを第三者にアピールできます。

第三者が見る企業価値

企業の価値を判断するのは、製品やサービスの品質が一番だと考える人も多いです。しかし、同じようなレベルの製品やサービスを取り扱う企業があって比較される場合、必ずと言っていいほど「信用できる企業であるかどうか」が問われます。これは、信用度の違いで取引に適切な企業を判断する指標となるからでしょう。それに契約内容によって継続的な取引を行なうことを想定されます。取引する企業同士の情報セキュリティがしっかり構築されているかどうかが、運営の根幹に関わることもあります。ISO27001は、取得する企業だけではなく、取引をする第三者にとっても重要視しておきたいところなのです。

規格の改訂

パソコンを触る女性

品質マネジメントに関わるISO9001は、2015年9月に規格が改訂されました。取得にあたって、2つの要件を見てマネジメントの見直しを行なう必要性があるので確認しましょう。

もっと見る